クエストを楽しむこと、ログを生かすこと

正月早々、楽しい偶然でした。ありがとうございます。

やる気クエスト(1) (純コミックス)
岡野純 (2015-12-12)
売り上げランキング: 514

元旦に発信された「のきばトーク」を1月2日の早朝に拝聴。たまたまその中でこの本の24時間限定0円セールをやっているのを知って即購入。kindleで漫画を読むのは、私にとってこれが初めてでした。普段文字だらけのノンフィクションを主に読む私にとって、ファンタジー仕立ての心理学/ライフハック系漫画というのは新鮮でした。

漫画と言っても、書いてあることは極めて真剣。例えば、ある登場人物が語るこの一節

ジュン、お前も気づいたとおり「緊急事態」になればやる気は与えられる
しかしデシのようにいつも自信がなく不安を抱え込みがちな人間は、いわば「常に緊急事態」なんだ
つまりデシの中には常時やる気が放出され続けている
だがその多すぎるやる気をどう使えばいいかわからない…

この「デシ」は、私の妻そのままです。ADHD気味だと自身で語る、私の妻に。そのデシがどう危機を乗り越えたのかは、もちろん本文に書いてあるのですが、ここでは私の妻の話を。

妻は最近カレンダーを持ち歩いています。そのカレンダーにはいくつかの工夫が施されています。A4の紙1枚に向こう4か月分のカレンダーを印刷し(元ネタはこれ)今後の予定を手で書き込んで携帯性と一覧性を重視。さらに感心したのは、前年の同時期に何が起こったかが書いてある、ということです。特に体調の変化について。

昨年のこの時期に、これこれが悪化した。私も気をつけるから、あなたも協力してこれこれを手伝って、と事前に警告を発し、文字通りの緊急事態を回避することが可能になるわけです。そして、実際この冬の妻の平均的な体調は、(今のところ)前年比で間違いなく良くなっています。過去の記録(ログ)をつけるだけでなく、それを生かすことの大切さを感じました。

あと、このシリーズの最後に「笑う」というキーワードが出てきます。私が前回のエントリーの最後に書いた一文が、まさか「やる気」つながるとは思いもしませんでした。正直あまり深く考えずに書いたのですが、改めて考えてみれば大切なことかもしれません。今の状況で笑えるということが。そして「クエスト」仕立てにして楽しむということが。

この本で紹介されるタスクシュートを使うかどうかはわかりませんが(すみません)、今年は「クエスト」を楽しむと同時に、「記録(ログ)」をつけること、それを生かすことの大切さを考えながら過ごしてみたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

「デスマーチ」を生き残るために(2)

前回の続きです。

ソフトウェア開発とはほぼ無縁の私がこの本を通読することができたのは、個人的に興味のあるテーマだったことのほかに、

「このスーパー・ウィジェット・システムは、何が何でも、絶対、必ず、1月1日までに完成させねばならない。でないと、世界が破滅する」。この指令が何段もの社内官僚の層を通過すると、どんどん尾ヒレが付いて、次のようになる…

こんな感じのちょっと皮肉めいたユーモアが、ほぼ全編にわたってまぶされていたからかもしれません。

さて、筆者がデスマーチを生き残るために最初に注意すべき点は「政治」である、と指摘します。プロジェクトの中身ではありません。上記の引用も、この「政治」について書かれた一節です。

ソフトウェア開発でも多種多様の関係者がいるのでしょうけど、子育ても同様です。実家、親類、先生、ママ友。自らの「プロジェクト」の方針に対し「味方」となってくれる人は誰か?常に気を配らなければなりません。同じ人が(本人の意思とは関係なく)いつの間にか味方から敵に変わってしまうことも、残念ながらありえます。

さらには、SNSを含むネットに流れる有象無象の意見も、その影響力はバカになりません。子育ては、ソフトウェア開発よりも変動要素が大きい(文字通り24時間何が起こるかわからんのです)ゆえに、「政治」は大きな問題点かもしれません。

もちろん影響力を最小限にする、つまり人付き合いやネットとの接触を減らす、という選択肢もありえますが、昨今の子育てではあまりお勧めはできません。親だけで全てのミッションをこなすのは物理的に不可能と言っていい。ただ、子供の成長に合わせて、近しい「関係者」をこちらから意図的にシャッフルすることは、考慮すべきでしょう。

本書の後半では「時間の管理」についても一章をさいて述べられています。ただ、ここでは管理ツールの名前が出てくるわけではなく、なぜ無駄に時間を使ってしまうのか?とついて触れ、あの『7つの習慣』にも登場する「重要性/緊急性」の4象限も登場します。

また、物事の重要性/緊急性を決定するのは、プロジェクトの中身もさることながら、関係者との「政治」も深く関わる、と筆者は指摘します。関係者がどーでもいいことで緊急性をがなりたてるとプロジェクトに余計な停滞が発生する。残念ながらよくある話ですが、その面でも「政治」に気を使うことは、時間の有効な使い方に影響することがわかります。

そして、筆者が最後に強調した一節

それよりずっと重要なのは、生き残ることだ。我々が目指すデスマーチ・プロジェクトは、上層部を驚嘆させる日程と予算で進捗し、エンドユーザーに輝かしい結果を提供するものだが、我々は、これらすべてを健康、才覚、家族、ユーモアのセンスのどれも損なわないで行うべきなのだ。それができてこそ最高だ。

なによりも、生き残ること、できればユーモアのセンスを忘れずに生き残ること、これが大事なのだと思います。

全ての「プロジェクト・マネージャー」のみなさま、笑って、良いお年を。

「デスマーチ」を生き残るために(1)

生き残れば十分なんです。少なくとも、最低条件ではないんです。

私はIT業界に勤めているわけではありません。ただ、ソフトウェア開発のプロジェクト・マネジメントには若干の興味がありました。子育てや自分の人生構築に何らかの参考になるかもしれない、と思ったからです。

この本は全ての子育てパパにオススメできる、というわけではありません。ソフトウェア開発の専門用語が頻発し、私も専門用語はあまり理解できていないと思います。ただ、1944年生まれの著者が、巻頭に

4世代にわたり家族が増えたことは、
デスマーチ・プロジェクトで、
何が重要で、
何が最優先すべきかを
適切に決める上で、
最大のヒントになった

と書いたのを見て、あ、これは期待出来る、と思いました。

まず著者は「デスマーチ」の定義から書き起こします。幾つかの定義の中で、こういう項目があります

通常必要な人数の半分以下しかエンジニアを割り当てないプロジェクト

二人の子供を持つ父親として言わせていただければ、両親の片一方が不在がち、あるいは病気がちで、子供が二人以上いて、かつ「実家」の定常的支援が得られない子育ては、ほとんどこれに該当する、つまり「デスマーチ」である、と言っていいと思います。現代の子育てにおいて、かなりの核家族は「デスマーチ」にならざるをえないのです。

その一方で、著者はこうも書いています

私の結論は、デスマーチ・プロジェクトは、常態であって、例外ではないというものだ。

異論がある方も多々あるかと思います。ソフトウェア開発と子育てを一緒にするとは何事か?と思う方もおられるかと思います。ただ、著者はデスマーチ・プロジェクトに反対しているわけではないことを強調し、その上で、デスマーチ・プロジェクトを成功させ、生き残るために何をすればいいか、に焦点を絞ってこの本を書いています。

そのために、これだけは覚えておいてほしい言葉として「トリアージ」をあげています。医療におけるトリアージの概念を聞いたことがあるかもしれません。特に救急医療において、限られた医療資源をどの患者さんにどの程度つぎ込むか、という難しい判断です。これを、プロジェクト管理にも応用するのです。乏しい資源(人、時間、お金)を何につぎ込むのか?

私が関係したほとんどすべてのデスマーチ・プロジェクトでは、システムの要求項目を、トリアージスタイルで、
「やらねばならぬ(must-do)」
「やったほうがいい(should-do)」
「やれればできる(could-do)」
の三つに分けるのが常識となっていた。

この三つの分け方は、単純ではありますが、私にとっては新たな発見でした。重要度を10段階に分けるよりよっぽどわかりやすいです。そして、すべての要求項目が「やらねばならぬ(must-do)」に入っている時点で、すでにおかしい、と容易に気づくこともできます。

もちろん子供に対して出来る限りの事はしてあげたい、というのは自然な親心ですし、残念ながらそれを無理に押し付ける人も少なくありません。でも、トリアージスタイルで、できないことはできない、と判断することは、ソフトウェア開発よりはるかに複雑な子育てにおいて、とても大切なことだと思います。

この項、続きます。

「やめないこと」が、最大のハックである

正直に申し上げます。まだ、全部読んでいません。
そして当分読み切ることはないと思います。いい意味で。

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250
KADOKAWA / 中経出版 (2017-11-16)
売り上げランキング: 64

個人的印象ですが、「大全」と名のついている本には「全部読めるものなら読んでみろ」という、ちょっと大上段に構えた印象を受けて逆に手が出しづらいのですが、「大全」の前に「ライフハック」とついていれば私としては気になります。

というわけで、いきなり前半をすっ飛ばして、まずは気になった「section 07 日常生活・旅行」から読み始めましたが、あとは著者が認めているようですので、ランダムに読んでいます。「大全」本はそういうことができる楽しみがあります。

で、私がこの本で気になった言葉は、前書きにあるこの一節でした。

ライフハックは仕事を効率化するために、新しいスキルを学ぶために、楽しい生活を続けるために、自分の人生を使ってさまざまな実験を行うことでもあります。

そう、実験。

小学校の頃、理科の実験って、毎回とっても楽しみにしていました。次に何が起こるんだろう、ってワクワクしたものです。理科の実験って、何かが変わるから楽しんです。劇的でなくてもいい。このちょっとした部分が赤く染るんです、だけでいい。変わらなければ、つまんなーい!で終わりはなくで、なんでうまく変わらなかったかチェックする。で、あ、ここが間違ってた!って気づくのも楽しんでいました。

今はそんなにワクワクすることも少なくなったかもしれません。「人生を使って実験する」なんて怖い。突然変わられた方が逆に困る、ってこともあるかもしれません。それでも、やはり、私がもともと目指した「明るい未来」は、やはりなんらかの実験の繰り返しの先にこそあると思っています。

というのも、私は「実験」と聞くと、ある意味気楽な響きを感じるからでもあります。ある時「何かを変えたい」と思った時に、すごく構えて前提条件を大きく変えると、変化が大きすぎてショックだったり、逆にこんなにやったのに変わらなかった、というのもショックだったりしますが、「これは実験ですからね。気楽にやってみましょう」と言われると、何が起きても(起きなくても)ショックは少ないし、投げ出すことも少ないような気がします。

それに、小学校の理科の実験は変わることが普通ですが、実生活の「実験」はむしろ変わらないことの方が普通かもしれません。それでもやめないで何度もやってみて、初めて何かが動く。少しつづ動く。そこに、教科書にないワクワクがある。

この本は、一人ひとりが自分だけのワクワクにたどり着くために、たどり着くまで「やめない」ために、わざわざ250個も武器を揃えてくださったのだと思います。そして、その「やめない」ことこそが最大のハックなのだと思います。

追記
このブログでも、いろいろ書きながら「実験」を繰り返して、この記事が100記事目になりました。これまでお越しくださって、「実験」を共有してくださった方々に、御礼申し上げます。

見えないものは、「ない」もの?

先日、前回の記事を取り上げてくださったとあるメルマガの前説(ここで読めます)に対して、こういうことを書きました。

それに関する話を一つ。

妻は軽度のADHDを自覚し、その最大の特徴の一つである「モノを片付けられないこと」がバッチリ当てはまります。結婚するはるか前から、片付けは苦手だそうです。で、聞いてみました。なぜ片付けられないのか?すると、意外な答えが返ってきました。

モノが自分の視界から消えると「ない」ものと認識されるから、というのです。

例えば、中身が見えない引き出しにあるものを片付けると、途端に自分がどこにしまったか忘れてしまう。だから、視界に入っていないと忘れるのが怖いのだ。引っ張り出すのが面倒なのだ。もっとも視界にあっても存在を認識できないことはあるようですが、これは私もままあること。

さて、ある程度片付けができる人が、引き出しにしまって見えなくなったモノを思い出すのに、どうしているでしょうか?なんらかのメモなり、頭の中の記憶なり、要は現物を思い出すためのトリガーがあるはずです。

そのトリガーがある一つの「場所」に全て集約されていれば、そこだけを見ればいいのですが、大抵何箇所かに分散されているはずです。また仮にある一つの「場所」に全て集約されていたとしても、容易に全項目をブラウズできる状態にあった方がいいでしょう。そんなシステムをわざわざ作るぐらいなら、目の前に現物がちらかってる方がマシ、という考えは(見た目はともかく)一理あります。

解決策としては、例えば引き出し自体に何が入っているかを書いておくとか、引き出し全体の一覧表を作っておく、といった方法が考えられます。妻の引き出しでは見栄えの問題等もありあまりやっていないようですが、子供のおもちゃ等を収めた棚についてはこれらの方法を実行し、それなりに効果が上がっているようです。

つまり、普段は思い出すためのトリガーだけが常に見えていて、いざという時には全項目がすぐに見られるもの。これは、WorkFlowyのようなアウトライナー(定義はこちら(takさんのブログ)がわかりやすいかと)だったらできるかもしれません。しかもWorkFlowyはファイルの概念がないので、探す手間が一段階省けます(これは意外に大きいような気がします)。

そうか、WorkFlowyは思考ツールである、だけではなく「片付けられない」人にとって最適な情報管理ツールかもしれない、とこの本を読みながら思い至りました。

クラウド時代の思考ツールWorkFlowy入門 (OnDeck Books(NextPublishing))
インプレスR&D (2016-01-29)
売り上げランキング: 57,522

この「情報管理」はタスク管理も含まれるかもしれませんね。

自己肯定感と承認欲求の間

これを読んで、ハッと思いました。
なんで私のブログはこんなに淡白なのか、ようやく気づきました。

自己肯定感の高い旦那と、私の違いを比較表にしてみた:ひびわれたまご

このブログは「ADHD当事者ママ」の志乃さんが、いろんな意味で正反対の旦那さんと比較されています。私は明らかに「旦那さん」寄りです。私はそんなに自己肯定感が強いわけではないとは思っていますが、(軽度のADHDを自覚している)妻に比べれば、確かにある方です。

で、この比較の後で、志乃さんがズバリと指摘されます。

旦那は「自分は自分である。」と、自分の中で完結しているので、承認欲求や自己顕示欲が低く、それに伴い「他人に気持ちを伝えようとする意欲」が私に比べて低いのが分かります。

はい、その通りです。と言っているような私が、ブログを書いていてはいけませんね。なんで私のような境遇の人のブログが少ないのか、ADHDの方と向き合う一方で性格がADHDと真逆な方のブログがあまり多くないのか、この辺りに原因があるのかもしれません。

この記事で一番気になった言葉が「自他の境界線」でした。自己肯定感と他人への承認欲求の間にあるのか、この境界線のような気がします。

かなり以前、「自分は自分」との思いから、自分の「城」を作るためのブログを書きたい、もっと具体的に言えば情報管理やタスク管理に特化したブログを書きたい、と思ったことが一時期ありました。今もその方面のブログはよく読みますし、時々そういった記事をここで書くのはそのためです。

ただ、広い意味でのライフハック系の分野は、多くの読者を持つブログがたくさんあり、間違いなくレッドオーシャンです。そういう分野でやっていくためには、単なる自己顕示欲の問題ではなく、周囲に流されず自分を強く律することが必要で、そんなことができるか?と思っているうちに興味の対象が変わっていきました。

今、このようなブログを書いているのは、「自分は自分」と思いつつも、ニッチなところで何か人様に少しでも役立つかもしれない、とも思っているからです。強くはないとはいえ、確かに承認欲求はあります。

一方妻は、まさに自他の境界線が弱く「他人事とは思えない」性格です。ワンオペで苦しむ子育てママを応援したいという気持ちが、とても強い。強すぎて足元の我が家のチェックがおろそかになって、こちらがストップをかけなくてはならないことがままあるのですが、ある面ではとてもいいことだと思います。

その妻が「生活が落ち着くと、Twitterでつぶやく頻度が減る」と言ったことがあります。これは、先述のエントリーの続編で志乃さんが言及されていた事実とも関係します。ある意味表裏一体なのでしょう。

これから先も良好な夫婦関係を築いていくために、私がいま大切にするべきことは、「違い」を魅力として、磨いていくことかもしれない。

この指摘はとても大切だと思います。一方で、夫婦生活を続けるうちに、真反対であるお互いの性格を理解するだけでなく、自分の性格が少しずつお互いに近づいていく、ということも目の当たりにしています。それが夫婦生活の妙の一つかもしれません。

追記
人気ブロガーの方が、みんな自己肯定感が弱いということはないとは思います。そのような問題とは別に、ブログに対する強い情熱というのは、間違いなく必要な条件なのだと思います。

感謝の種、考えの種(2)

前回の続きです

かーそる 2017年7月号
かーそる 2017年7月号

posted with amazlet at 17.10.16
BCCKS Distribution (2017-07-27)
売り上げランキング: 75,916

前回、この本のタイトルの前に「文章を」という言葉が省略されている、とわざわざ書いたのはわけがあって、これで「メモを」が前に来たら、きっと異なる話になっただろうな、と思ったからです。

Hiroshi Nagai ロルバーン ポケット付メモ M

私が今使っているプライベート用のメモ帳はこれです。ズボンのポケットにギリギリ入る大きさで、紙質も悪くなく、5mm方眼なので、書き方にあまり制約がありません。しかも、表紙がモノトーンではなく、ポジティブな感覚を受けます。

以前このロルバーンと似たサイズのモレスキンに日記を書いていたことがありましたが、長続きしませんでした。毎日家事育児に追われる身としては、毎日必ず家で落ち着いて書けるとは限らない。かといって通勤電車の中で立とうが座ろうがモレスキンを書くのは物理的に無理があり、日記はいつでも断片的にでも書けるデジタルツールが私にはあっているようです。

今使っているこのロルバーンは、日記向けではありません。カフェのようなとにかく落ち着ける場所で、思いついたことを書く。しかもたいていはこれからやりたいことについての箇条書きが多いです。このブログで書きたいことも書いています。毎日書いているのではありませんが、ゆるいライフログみたいなものかもしれません。

そして、このメモを書く際のルールを二つ作っています。一つは、このメモを書く際はスマホは見ない、ということです。書いているうちに調べたいことがあっても、あえてその場では見ない。そうやって、メモに集中するようにしています。

もうひとつ、このメモは絶対に他人には見せません。自分のためだけの伝言、自分のためだけの断片を書く自分だけの基地、と考えています。そういう位置付けにしてこそ、落ち着いて書ける。家は落ち着けないので(家はある意味常に戦場)、家の中で開くことはほとんどありません。なので、プライベートのことしか書かないのに、このメモの定位置は仕事鞄の中です。

こうやって、書きたい動機を考えていくと、書きたい道具だけでなく、その置き場所まで定まっていく気がします。また、そうやって動機を突き詰めて考えた道具にはそんなに簡単に飽きがこないのではないか、と思っています。もっとも、このロルバーンはたまたま「LOFT」で別の買い物をしている時に見つけたので、そういった偶然も必要かもしれません。

私の書く動機は、感謝の種と考えの種を書くこと。そして感謝の種も、考えの種も、心が落ち着いている時こそ書けるものだと思います。そんな場を提供してくださる道具の皆さんにも感謝したいです。

感謝の種、考えの種(1)

やっと、これを読む余裕ができるようになりました。

かーそる 2017年7月号
かーそる 2017年7月号

posted with amazlet at 17.09.29
BCCKS Distribution (2017-07-27)
売り上げランキング: 36,112

このタイトルは、この前に「文章を」という言葉が(おそらく意図的に)省略されている、と感じました。「文章を」というよりは「ブログを」といった方がいいかもしれません。書いている方々がブロガーなので当たり前といえば当たり前ですが、道具と動機をいろんな意味で深く考えれば、ブログを含む「文章を書くこと」が長続きできるかもしれません。

さて、私がこのブログを書いている動機が、現時点では、3つあります。

一つは、自分を解き放つため
もう一つは、自分を律するため

一つは、日頃仕事家事育児に追われている自分を解き放つため。前回の「かーそる」のコメントでも私は似たことを書いているような気がしますが、今回も、いっきさんの言葉に深くうなずきました。

だから私は、もう長いこと「本当の意味で自分を喜ばせることができるのは、世界の中で自分だけだ…」という思いの中にいる。

そして、いろいろなことを考えながら書いているうちに自分自身が変わっていく、書き始めたときには思ってもいなかったことに気づく、という経験を何度かしています。編集長の言葉です。

ある種の文章の書き方をするとき、<自分>は変容する。その書き方のことを、私は執筆と呼びたい。

「文章を書くこと」は、幾多の趣味と違って、どこか特定の場所でしかできないことではない。特殊な道具も必要ない。最低限の時間と、空間と、道具さえあれば、たいていできる。自分を変えることさえできる。こんないいことはない、と考えたから、このブログも続いているような気がします。

一方で、ある時点からこのブログは2週間に1回書く、と決めています。スタート当初は勢いに任せて毎日書いてましたが、やはり周辺の環境を考えるといろいろ無理があり、だんだん間隔が長くなっていきました。それでも、自分にとって適度に続けられる頻度が2週間に1回である、と気づいた時、逆に絶対これ以上は延ばさない、と決めました。

私は自分のプライベートの予定を立てる時、まず抑えるのが、このブログの新しい記事を書き始める日程なのです。やりたいことや、やるべきことがどれだけあったとしても、これだけはちゃんとやる。そして、このブログを律することで、なんとか自分を、自分のプライベートを律することができているような気がします。

で、動機がこの二つだけなら、日記でいいではないか?という話かもしれません。ではなぜ全世界に向けて文章を公開するのか?それが、3つ目の動機

書くきっかけを与えてくれた人への感謝の意を表すため

このブログは、私の妻や友人等には一切その存在を知らせずに書いています。それは第1の動機に関連するのですが、妻や友人等に知られるリスクを冒してでも、日記ではなくブログにした理由は、この3つ目の動機があるからです。

書くきっかけを与えてくれた人、つまり自分を解き放つきっかけを与えてくれた人に「ありがとう」と言いたい。それだけなんです。うまくいけば、本人とやりとりができるかもしれない、という想いもあり、実際それはかなり初期の段階で達成されてはいるのですが、それは直接な動機ではなく結果であって、書いて公開した時点で、もう動機はほぼ達成されているのです。

そして、感謝の種を少しづつ植えることが、自分を解き放ち、自分を律することにもつながっているのかもしれません。

この項、続きます。

立ち止まり、省みる(2)

前回の続きです

マジメすぎて、苦しい人たち―私も、適応障害かもしれない…
松崎 博光
WAVE出版
売り上げランキング: 28,623

先日、妻にこう言われました。
今の生活は、達成感を実感しにくい。だからストレスがたまる。
結構重い一言でした。

妻は、専業主婦です。「あなたは仕事をしているから、達成感や自己実現を味わうことができるけど、私にはこれがない。仕事に戻りたいのは山々だけど、こんな体調で、こんな環境で戻れるわけがない」妻は、こう言います。たしかに、そんな大きなことをしているわけではありませんが、今の仕事に達成感がないといえば嘘になります。

一方、家事育児には明確な「ゴール」というものが存在しない(大学に入れること自体が育児の目的か?と言われるとちょっと違う気もします)ので、達成感や自己実現を感じずらい。これもわかります。私自身も何か徒労感を感じていたのは、この辺りに関係するのかもしれません。

こういった場合、どうすればいいのか?満たされない感の対象は「当面の暮らし全体」のような気がします。だとしたら、そのスコープを細分化するか、あるいは思いっきり俯瞰するか、ということが考えられます。前者は、よく言われる「タスクの細分化」です。細かいタスクの成功を通して、小さな達成感を積み重ねる。では、後者は?

私はいつも患者さんに「人生はマラソンだ」ということを言っています。観客に声援を送られ、激励されたからといってスピードを上げ、途中で脱落してしまうよりは、マイペースで最後まで完走できる方がいい。

そう、人生全体。最後にどうなるか、という視点。これは日々の生活に追われている多くの人々(もちろん私を含む)にとってなかなか持ちにくい視点です。でも、とても大切です。

もう一つは、自分のペースを忘れないこと。今回の大ピンチの要因は、まさに私が自分のペースを忘れて変なところでダッシュしてしまったことにほかなりません。

しかし、今回ひどい目にあったことは、悪いことではない。今までやってきたことがオーバーペースだということが、明確に認識できたから。

適応障害になったということは、努力や忍耐、社会的適応だけではない、ほかの価値に気づいて生きていくためのターニングポイントが訪れたということかもしれません。
「新しい自分、新しい生き方を見つけるチャンスになった」と考えれば、適応障害を起こしたことは、むしろ今後の人生にとってのプラスポイントになっていきます。

この視点は、こういう心境になって初めて実感しました。やはり、ターニングポイントだったのでしょう。いきなり何かが変わるわけではない。しかし、視野が変わることはこの先とてもジワジワ効いてくるような気がします。

立ち止まり、省みる(1)

自分を省みて、これはまずい、と思いました。
その時、妻の本棚にあったこの本が、ふと目に止まりました。

マジメすぎて、苦しい人たち―私も、適応障害かもしれない…
松崎 博光
WAVE出版
売り上げランキング: 28,623

この本には「適応障害」の具体的な症状の説明、治療法、そして適応障害にかかりにくくするための対処法といったことが書かれています。私は、この本の定義によれば、まだ適応障害ではありませんが、一歩手前の状態。そこで、この本に書かれている「対処法」の部分がとても参考になりました。

ところで、前回のエントリーで「決断した」と書きましたが、まずは、自分に関する「やりたいこと」を削減しました。感覚的にですが、今回はかなりバッサリ切りました。効果が現れるのはこれからであり、いきなり何かが劇的に変わったわけではありませんが。

自分の「やりたいこと」の見直しは以前にもやったことがあります。ただ、今回初めてやったのは、同時に妻にも「やりたいこと」を減らすよう要請したことです。

妻はADHDの傾向があり(正式な医師の診断は受けていませんが)放っておくとすぐに「やりたいこと」を増やす傾向にあります。それが自分で全部できればいいのですが、たいていできないため、それが家事育児の「やるべきこと」に影響する。そして、それをフォローする私の精神が崩壊し始めたのです。すでに妻がなっていると思われる適応障害に、私自身もなってしまいかねない、と気づきました。

平日でも仕事と家事育児に全力投球している私が、いくら子供がいるからといって、土日に全く休めないのは、どう考えてもおかしい。いろいろなことを根本的に変える必要がありました。具体的な「リスト」だけでなく、考え方を、フレームワークそのものを変える必要がありました。そのためのキーワードが、この本に書いてありました。

適応障害を克服するには、それを起こす環境に適応しないことが一番です。「適応障害にならないためにはどうしたらいいですか?」「無理に適応しないことです」こんな禅問答のようなことが問題を解決する有効策です。

私の場合、これ以上無理に適応しない、ということは、妻に対して「ごめん、これ以上(のサポート)は無理」と宣言することを意味しました。これは正直きつい。妻のtodoを増やす可能性をはらんでいるからです。でも言わなければなりませんでした。これをしないと、私のサポートが急にゼロになって、明確に妻への負担が増えてしまいます。

もう一つ、キーワードというより、反省すべきことがありました。それは、私が「自立」の意味を完全に取り違えていたこと。

自立というのは、誰にも何にも寄りかからず、ということではなく、寄りかかったり寄りかかられたりしながら自分の足で立って考え、動けることを言いますが、自立した生活こそがストレス弾を防ぐ盾になってくれます。

そうでした。私は明らかに適応障害にハマっている妻に寄りかかることは、よくないことだ、と思っていました。私がマジメすぎるのかどうかは、正直よくわかりません。ただ、明らかにマジメになるべき方向性が間違っていたのかもしれません。

この項、続きます。