シンプルに考える:シンプルは、日本を救う

LINE、毎日お世話になってます。相手は妻だけですが。

シンプルに考える

商品開発には大きく二つのやり方があります。ひとつは、技術的アプローチ。その代表格がgoogleです。(略)
もうひとつが、デザイナーが主導するアプローチ。スティーブ・ジョブズが典型ですが、人々が求めている「価値」を突き詰めて、それをデザイナーが主導して具現化する手法です。(略)
LINE株式会社のアプローチは後者です。

私のLINEの使い方はSMSそのもの。スタンプさえつかいません。正直言ってなんでこんなにLINEがヒットしたか、私にはわかりませんでした。

でも、考えてみれば、LINEのやり方はiPhoneと似ているのかもしれません。まず、電話と音楽とネットブラウズしかできない、というところから始めた。それらの価値を突き詰めるところから始めた。その後は、みなさん御存知の通り。

これって生き方にも通じるところがあるかもしれんなあ、と思いました。「できるから」といってなんでもかんでもやってみる、というのが、だれでもうまくいくとは限らない。ましてや、お金とか体の機能とか、いろいろな面で「足りない」状態では。「足りない」ことが悪いこととは、限らない。やりかたを間違えなければ、それに余りある価値を生み出せる。

しかし、そもそも日本人はそぎ落とすことが得意だったはずです。
短歌、俳句、水墨画‥ 不純物を徹底的に削ぎ落として本質をシンプルに表現することが日本人の美意識だったのです。
技術主導からデザイン主導に切り替えることによって、古来の日本の美意識を取り戻せば、再び日本経済は元気になる

言い切りましたねぇ。シンプルは日本を救う。

今の日本は、高度経済成長モードのまま、いまだに技術主導で突っ走っていることは確かでしょう。一方で、日本人にはシンプルさを求めるDNAがちゃんとあるはずだ。それを呼び覚ませ。と言いたいのかもしれません。

そのシンプルさを、いくらでも複雑にできる今の時代の生き方に適応させるには、どうすればいいのだろう。ブログとして表現するにはどうすればいいのだろう。そんなことを考えながら、今後も書き進めていきます。

Leave a Comment