そういう考え方も「あり」では?

あるメルマガに、こんな質問がありました。

自分のことをどのように感じておられますか。
普通の人? それとも変人?

はい、変人です。間違いなく。

「変人」を「人と変わった考え方を持つ人」と仮に定義すると、変人には2通りある、と思います。
すなわち、身体的器質的な理由により、変わった考え方にならざるを得ない人(たとえばADHDとか不安神経症とか)と、そうでない人。

私は子供の頃から自他共に認める変人でした。後者の意味で。勉強ができないという意味ではなく、行動や考え方がヘン、という意味で「アホ」呼ばわりされてましたが、アホ上等と思っていました。今も私の子供がおそらく同じような意味で「パパはおもしろ芸人」と言ってまして、もちろん誉め言葉だと受け取ってます。

妻も、後者の意味で、小さい頃から変人だったと言っています。ただし、もろもろの理由で「アホ上等」とは思ってなかったようです。さらには、いつのころからか、前者の意味でも変人になってしまった。これは、大変です。普通の人になりたくてもなれないのですから。

思うに「変人」は世間一般の常識が通用しない世界にいる。特に前者は、そうならざるをえない。常識が通用しない、ということは、一般的な共感も得られにくいのですから大変です。

ただし、変人には、二つのメリットがあるような気がしています。ひとつは、別の変人に対して「そういう考え方もありでは?」と理解を示すことができる可能性が「普通の人」より大きいこと。もうひとつは「そういう考え方もありでは?」と気づく頻度自体が「普通の人」に比べて高いこと。

これらはなにより、人生の選択肢を増やしているような気がするのです。いろんな意味で、視野が違う。広い狭いではなくて。

そりゃあ、大変です。不安神経症の人を毎日毎晩相手にするのは。でも、そういう人を相手にしていると、普通では見えない世界が見えてくる。変人でない人にも面白い!と思えるようなことが。
具体的にどう?と聞かれるとうまく説明できないのですが、逆にいえば、そういう具体例を積み上げることが、このブログの目的の一つだったりします。

one more thing…

よく妻が言うんです
「ごめんね、こんなヘンな妻で。」

私は返します
「私もヘンよ。わかってるくせに。」

こういった会話が、無病息災の礎となるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です