自分が我に帰るための、二つの「クモ」の目線(3)

前回の続きです。

前回は、私にとっての「雲」の視点となる3つのキーワードのうちの二つのことを書きました。残る一つは「シンプル」です。

シンプルとは何か?
今の私の解釈は、「広い意味でインプットを選択し、アウトプットのためのゆとりを持つこと」だと思っています。情報、時間、空間。あらゆる面において。

すべては「単純に!」でうまくいく
ローター・J・ザイヴァート ヴェルナー・ティキ・キュステンマッハー
飛鳥新社
売り上げランキング: 213,326

私が初めて読んだ「シンプル」に関する本は、これでした。
残念ながら今は絶版のようですが、当時(2003年)はよく売れました。私の持っているのは9刷。初刷から2ヵ月しかたっていません。

この本はシンプルの対象として7つの項目を設定しています。物、お金、時間、健康、人間関係、パートナー、そして自分自身。
この設定が当時の私にとっては斬新でした。単なる空間的な「片付け術」ではなかったからです。前書きに、このような言葉があります。

ここでの「シンプルにする」というのは、わかりやすく単純に生きるということです。
余計なものを身につけず、本来の姿に立ち返ろう、ということなのです。

「余計なものを身につけず」ということは、その前提として「余計なものを受け取らない」ことがあるような気がします。一旦「余計なもの」を受け取ってしまえば、身につけるか捨てるかの選択が必要となる。選択するという行為も必要かつ重要なことなのですが、まず受け取らなければいい、と思い至りました。
いやでも受け取らざるを得ないものはたくさんあるでしょう。家事も仕事もそうです。それでも、このような意識をもつこと自体が、自分を見失うことを防ぐためには大事だと思います。

そして、「本来の姿に立ち返ろう」ということは、本質に迫るために、いろんなことを考えること。余計なものがあったら気が散ってしまい、大事なことを考えるスペースがなくなってしまう。
私は昔も今も、もがいています。いろんなモノと情報に囲まれて、なかなか前へ進めない。自分の進路を、家族の進路を深く考えたい時、やはり余計なことを排除して何らかの「スペース」を作らないと考えることさえできない。

すべての「無駄」を否定するわけではありません。それが思わぬ「ネタ」に転化することはままあることです。でも、「ネタ」に転化するのだって、それ以前に自分の中に何かの考えや直感があって、「ネタ」に結び付けるためにはやはり「スペース」がいるのです。
このブログも私にとって大事な「スペース」の一つになりました。これからもこの大事な「スペース」を使って、焦らず、無理せず、進んでいきたいと思います。

良いお年を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です