空間のモジュール化、アタマの中のモジュール化

先日ある部屋の模様替えを計画しました。

ある低めの棚の上にモノが散乱して乗っかっているのでなんとかしたい。棚ごと撤去するという手もあるが、そうすると撤去したスペースにまたモノが散乱してしまう。どうすればいいか?と妻から相談されました。

確かにその棚の位置は子供達がよく通る場所でもあり、妻の懸念もわかります。何か床にモノが散乱してしまったのを見るだけで「片づけなきゃ」と思い、ストレスの元となる。私しか使わない部屋なら棚ごと撤去もアリかと思いますが、ADHD気味の妻にとっても棚ごと撤去は危険。そこで、上記画像のような、区画に区切られた棚はどうか?と提案しました。

実はこのような棚が我が家にはすでに一つあり、その棚の周辺はそれなりに秩序が保たれています。なぜこの棚だとうまくいくのか考えて、少しわかりました。この棚は、横方向だけでなく縦方向にも等間隔に仕切りがあり、適度に空間を区切っているからではないか。これならカオスが広がりにくい。

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)
佐藤 可士和
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 9,092

先日、この本を読んでいました。
この本に、整然と同一規格の白い箱(普通のダンボールだそうです)が並んだオフィスの棚の画像がありました。これを見て、あ、同じだ、と感じました。

「空間の整理は、フレームの形状を決めて入れ子構造にするとコントロールしやすい」
世の中のモノは、フレームが決まっていないから、扱いにくいと思うのです。大きさ、形、固さ……すべてバラバラだから、整理がしにくい。それを、ボックスというフレームを設定して、フォルダのように入れ子にしてしまえば、見た目は驚くほどすっきりします。

いろんな乱雑なものをまとめて、あるまとまったモジュールに閉じ込める。モジュールの中は多少乱雑でも構わないが、そのモジュールの外見が統一された方がさらに安心感があるような気がします。
ちなみに妻も「かご」が好きで多数のかごを持ってはいますが、みごとに形も大きさもバラバラなのです。一部のものはインテリアとしての役割もあって、活用はされているものの、整理という意味では違和感がある。私は外見は統一された方が、安心感がある。ADHDの人はちょっと違うのかもしれません。

もう一つ、モジュールを使う利点は、そのモジュールに普通なんらか名前をつけるとき、ある一つのまとまりができること。とにかく手当たりしだいに近くにあるものをぶち込む、というのもありだけど、何か共通点を見つけ出して、その箱に名前を書く。そこでアタマの中でも何らかの区切りが設定されているような気がします。

この考え方は、何となく時間やタスク管理にも応用できそうな気がするのですが、まだうまくまとまっていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です