「寂しさ」から脱却するための多様性(2)

「だって、ここではみんながおかしいのさ。ぼくも、きみもね」

実は前回紹介した本と、この本はほぼ同時に購入しました。あちらが電子書籍だったので先に読んだのですが、結果的にこの順番で正解だったかも。文化やコミュニティだけではないんじゃないか、となんとなく思っていた疑問を解く鍵は、イギリスにありました。

筆者が上げている「7つの理由」はそのまま章立てになっています。

・赤ちゃんも妊婦も、ストレスなく暮らせる
・お母さんらしく、妻らしく、なくていい
・食事作りがストレスフリー
・誰もが柔軟に働ける
・親子の絆をつくる
・子ども1人1人の可能性を引き出す
・多様性を許容し、創造性を育む

この中で特に紹介したいのが、第4章「誰もが柔軟に働ける」です。ここでは、たとえ専業主婦であっても子供を預ける罪悪感がイギリスにはない理由が書かれています。

まず、子供を預ける手段がいろいろあること。保育園はあるが、公的補助がないので日本に比べて格段に高い。ただしそれに代わるベビーシッター、あるいはナニーの仕組みが発達しており、質もコストもピンキリだが幾つかの選択肢があること。さらに親の方も柔軟に働ける環境があること。パートタイムはもちろん、短縮勤務、在宅勤務、ジョブ・シェアリング。しかも、従業員はこれらを雇用主に要求する権利があることが法律で保障されています。

こういうバックグラウンドがあると、どうなるか。10人いれば10通りの子育て対応が取れる。小さい子供を保育園に入れることができなければ働けない、という二者択一ではない。そして、こうなる。

この国では、みんながあまりにも違っている。考えも、価値観も、文化的背景も、経済状況も、ライフスタイルも。だから、それぞれの違いを熱心に批判しあってもキリがないのだ。法を犯していなければ、お互いの大いなる違いもしばしば黙認せざるをえない。

これは「ニワトリと卵」なのかもしれません。もともと人種的に多様性があったから制度を対応させたのか。その逆なのか。いずれにしろ、ベースはガッチリ決めるけど、そこから先はテキトーにやってね。全部が全部規定なんてできない。こんなに多様だと物理的に無理だから、という考え方が当たり前になり、変な罪悪感を生まない、という循環になっているような気がします。

そしてこの考え方は、公教育にも反映されています。それが最後の2章で書かれています。イギリスにも、日本の学習指導要領のようなものがありますが、日本のそれに比べると、悪く言えばかなりテキトー。検定教科書制度もありません。

一方で、教育の質をチェックする機関なりルールなりが厳格に存在し、その間を各学校の教師の創意工夫で埋めていく。これは1から10まで厳密に決められたルールに従うより、ある意味すごくきつい。でも楽しくもあるでしょうね。自分でレールを作るのは。

このエントリーの冒頭の一節は、イギリスの作家ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」の一節。今回紹介した本の冒頭にも書かれているのですが、不思議の国を、この世界を生き抜く知恵は、テキトーさ、あるいは創造性の中にあるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です