まずは落ち着け、そして一歩を踏み出せ

この本は、実はスーパーベターの本よりも前に買ったのですが、消化するのに時間がかかってしまいました。

ここで言うたったひとつの方法とは

「他人をリスペクトしてみる」という手法です。
(略)
本書でいう「リスペクト」とは、「ありのままの相手に敬意をもつ、尊重する」という感じでしょうか。

ということなのですが、本を読み進んでもどうもよく理解できないので、しばらく放置してました。なぜかよくわかりませんが、自分が責められているような気分になったのです。わかりやすく書いてある具体例が、かえってそのような気分に(自分で勝手に)なってしまったのかもしれません。

で、夏休みの宿題のように改めて読み返し、なんとか最後まで読んでみました。そこでやっと納得ができる一文が見つかりました。

「リスペクトしなければならない」のではななく、「力を抜けばリスペクトできる」のです。苦行の話ではなく、解放の話なのです。

あ、そうか。と思いました。筆者は「まずは落ち着け」というシンプルなことを言っているんだ、と気づきました。
私のTwitterのタイムラインを見てると時々思うんです。なんでこんな風に人のことを言うかなあ。もっと落ち着いて考えればこんな言い方にならないのに。まあ、気持ちは分かるし、そう言いたくなる事情はあるんだろうけど。

あ、

本書で「他人をリスペクトする」ことを優先して書いてきたのは、その方がやりやすいからです。
自分についての「決めつけ」は、真実のように思い込んでいる場合もあるので、なかなか手放しにくいと思います。
それよりは、他人を見て、「事情があるんだろうな」と考える方がずっと簡単です。

この一節はその前の引用のすぐ後に書いてあるのですが、ようやく納得できました。人の振り見てなんとやら。そういうことだったのか。

ただし、ここは第一段階に過ぎません。自己肯定感を持って、「~すべき」に縛られた自分を「~したい」に持っていくには、必ず何らかの意志表示が必要であり、ここは細心の注意が必要だと、筆者も指摘します。ここでたたかれたら、せっかく芽生えた自己肯定感があっという間にしぼんでしまう。そうならないよう、たたかれない場、「安全」な環境が必要となります。

安全な環境とは、自分に評価を下されない場所。決めつけられない場所です。(略)「決めつけ」のない場こそ、リスペクトを感じやすいのです。
そして、それは何も特別な場所を必要とするわけではありません。
自分が人と接するときに、「決めつけ」を手放しさえすれば、自分も他人もリスペクトすることができるのです。

私がこのサイトを作ったのは、実はこういう場がほしかったからかもしれません。ただ、誰でもサイトを作ればいいというものではない。人によるでしょう。なんとなくですが、オンラインよりオフラインの方が効果的だと思います。ただ、今までにはない「場」を作るには、あるいは入っていくには、なんにせよ「一歩を踏み出す」勇気が、必要であるような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です