チェックリスト 今そこにある安全網(3)

前回の続きです。

この本にADHDに関する直接の言及はありませんが、今回はADHDとチェックリストの話です。

先日、とあるきっかけでADHDの方の話を聞く機会がありました。その方は大学院を出て某会社に就職後、2年ほどで退職。その退職前後にADHDと診断され、障害者手帳をもらい、今は2番目の会社で働いておられます。

で、その方は、まず1日の業務を開始する際、必ず「今日やることリスト」を作成します。だいたい1日3項目以内におさめて、絶対に増やしません。仕事が回らなくなるからです。職場の方は当然彼がADHDだということは知っているので、しかるべき配慮はしているのですが、それでも1日の業務の中で頼みごとが出てきます。その場合は、必ず「これからリスト」のようなものにメモを取って、頼まれたことを忘れないようにしているそうです。

この話を聞いてなるほどなぁ、と思ったことが二つありました。

一つは「今日やることリスト」です。これはまさにチェックリストです。チェックリストというのは、項目が限定されています。この本にはチェックリスト作成のためのチェックリスト、というのがあるのですが(英語版が公開されています)、そこには「一つの一時停止点でチェックするのは9項目以下」と明記されています。これだけやったら今日は終わり、と明記されていることは、大きな安心感に繋がります。これが項目が限定されていなければ、安心はできません。チェックリストが安全網たるゆえんの一つです。

もう一つは「これからリスト」です。これは項目が限定されませんので「チェックリスト」ではありません。際限なく増える可能性はあります。ただし、これは頼まれたことを忘れないためのリストです。必ずしも自分が全部やると決めたわけではありません。また、ここにリスト化することによって、逆に一旦忘れることができるのです。これは特にADHDの方にとって重要です。

つまり、何かを頼まれている、あるいはやらねばならないことが頭の中に残ったままだと、それだけで頭の中がとっちらかる可能性が飛躍的に増大する。だからこの方の仰ることはとてもよく分かる、と(軽度のADHDである)妻が指摘します。特に今の時期(年末)はやるべきことがいっぱい頭の中にあり、それが日常生活を阻害するのだ。なんとかならないのか?と思っていた。では、まずは書き出してみたら?となりました。

この時期、妻の頭を悩ませる大きな家族行事が二つあります。一つは年賀状、一つが年末年始の帰省です。ともに準備にかなりの作業を要する大きなプロジェクトです。まずはそれぞれを細かい作業に分解し、これらを週ごとに割り当てていきます。つまり、頭の中をある程度可視化しただけでなく「今週やることリスト」まで作ったのです。これを作ることで、ある程度は不安な気分がおさまったと妻が言っていました。

これさえやれば今週は終わりであって、それから先はやらなくていい、という安心感。これが特にADHDの方には大切なような気がします。思いついたらすぐやらないと気が済まない、という傾向があるように思えるからです。今やらなくていいことをやらずに済む、もうひとつの安全網が、ここにあります。

この項、続きます。

「チェックリスト 今そこにある安全網(3)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です