How might we…

「今日をプロトタイプと考えよう。さあ、何を変える?」

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法
デイヴィッド・ケリー トム・ケリー
日経BP社
売り上げランキング: 5,749

この本は、私のような、いわゆる「クリエイティブ系」な職についていない人を含むすべての人が、「想像力に対する自信(クリエイティブ・コンフィデンス)」を発揮できるようにするためのガイドブックです。

著者によりわざわざ「日本のみなさんへ」という前文があり、そこには日本人に対する心からの応援が書いてあります。世界5か国5千人のアンケートで、日本以外の国の回答者は日本が世界で一番クリエイティブだと言っているのに、日本人は自身が最もクリエイティブだと回答した割合は最低だった。でも、実際はそんなことはないだろ?日本人はもっと自信を持っていいはずだ、と著者は言っています。

もしかしたら、私たちはクリエイティブという言葉を誤解しているのかもしれません。iPhoneを発明することだけがクリエイティブではないはず。誰でも自信を持って、自分の人生を、世界を、変えることができる。ポジティブすぎるかもしれないけれど、著者はそう言いたいのだと思います。

さて、その自信をつけるやり方は、実にシンプル。とにかく、毎日、実践あるのみ。ほんの少しでもいい。何かを作って、何かを変えて、結果を見て、次に進む。それだけです。その具体的な手法や考え方が、この本には満載されています。

その導入編が「恐怖への克服」であることはとても示唆的です。とにかく何か新しいことを始めることに対する恐怖や不安は誰しもが持つことです。特にここ日本では、何か「変わったこと」に対する世間の目は常に批判的です。小さい頃、友達に「その絵へたっぴ〜!」と言われただけで絵の才能を放棄する、というのはよくある話ではあるが、あまりに惜しい。だから、何か突拍子もないことをやって、それを周りの人々に受け入れられるようにするには、それなりの作戦が必要かもしれません。

その幾つかの作戦の中で、特に気に入った言葉が二つありました。一つ目が「カラオケ・コンフィデンス」です。そう、日本が世界に誇るべき文化であるカラオケは、人々にクリエイティブ・コンフィデンスをも与えるきっかけを持ちうるものなのです。なぜ私たちは、ああいう場ならマイクを持って恥ずかしげもなく歌うことができるのか?を考えれば、自分が変わるヒントがあるかもしれません。

もう一つが、タイトルに挙げた “How might we…” です。私たちは、どうすれば〜できるだろうか?なんでも否定するのではなく、仮にこうしたら、私たちはこのようにできるかもしれませんよね?と問いかける。

主語がyouでもIでもなく、weであるのがポイントです。君はこう変えるべきだ、と言われると、誰でも本能的に抵抗する。私はこう変えたい、というと、恐怖感が増す。日本語だと必ずしも主語を明示しないので感覚が異なりますが、とにかくいろんな意味でハードルやガードを下げやすい言い回しだと思います。

冒頭の一文も、この本の中にあった一節です。いかにもプログラマっぽい、いや、ものづくりっぽい言い方ですね。1日1日は、過ぎていくのではなく、作り出していくものなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です