自己肯定感と承認欲求の間

これを読んで、ハッと思いました。
なんで私のブログはこんなに淡白なのか、ようやく気づきました。

自己肯定感の高い旦那と、私の違いを比較表にしてみた:ひびわれたまご

このブログは「ADHD当事者ママ」の志乃さんが、いろんな意味で正反対の旦那さんと比較されています。私は明らかに「旦那さん」寄りです。私はそんなに自己肯定感が強いわけではないとは思っていますが、(軽度のADHDを自覚している)妻に比べれば、確かにある方です。

で、この比較の後で、志乃さんがズバリと指摘されます。

旦那は「自分は自分である。」と、自分の中で完結しているので、承認欲求や自己顕示欲が低く、それに伴い「他人に気持ちを伝えようとする意欲」が私に比べて低いのが分かります。

はい、その通りです。と言っているような私が、ブログを書いていてはいけませんね。なんで私のような境遇の人のブログが少ないのか、ADHDの方と向き合う一方で性格がADHDと真逆な方のブログがあまり多くないのか、この辺りに原因があるのかもしれません。

この記事で一番気になった言葉が「自他の境界線」でした。自己肯定感と他人への承認欲求の間にあるのか、この境界線のような気がします。

かなり以前、「自分は自分」との思いから、自分の「城」を作るためのブログを書きたい、もっと具体的に言えば情報管理やタスク管理に特化したブログを書きたい、と思ったことが一時期ありました。今もその方面のブログはよく読みますし、時々そういった記事をここで書くのはそのためです。

ただ、広い意味でのライフハック系の分野は、多くの読者を持つブログがたくさんあり、間違いなくレッドオーシャンです。そういう分野でやっていくためには、単なる自己顕示欲の問題ではなく、周囲に流されず自分を強く律することが必要で、そんなことができるか?と思っているうちに興味の対象が変わっていきました。

今、このようなブログを書いているのは、「自分は自分」と思いつつも、ニッチなところで何か人様に少しでも役立つかもしれない、とも思っているからです。強くはないとはいえ、確かに承認欲求はあります。

一方妻は、まさに自他の境界線が弱く「他人事とは思えない」性格です。ワンオペで苦しむ子育てママを応援したいという気持ちが、とても強い。強すぎて足元の我が家のチェックがおろそかになって、こちらがストップをかけなくてはならないことがままあるのですが、ある面ではとてもいいことだと思います。

その妻が「生活が落ち着くと、Twitterでつぶやく頻度が減る」と言ったことがあります。これは、先述のエントリーの続編で志乃さんが言及されていた事実とも関係します。ある意味表裏一体なのでしょう。

これから先も良好な夫婦関係を築いていくために、私がいま大切にするべきことは、「違い」を魅力として、磨いていくことかもしれない。

この指摘はとても大切だと思います。一方で、夫婦生活を続けるうちに、真反対であるお互いの性格を理解するだけでなく、自分の性格が少しずつお互いに近づいていく、ということも目の当たりにしています。それが夫婦生活の妙の一つかもしれません。

追記
人気ブロガーの方が、みんな自己肯定感が弱いということはないとは思います。そのような問題とは別に、ブログに対する強い情熱というのは、間違いなく必要な条件なのだと思います。

1 Comments

Leave a Comment