color your scrap, color your life(1)

きっかけのひとつは、バレットジャーナルでした。

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017-10-13)
売り上げランキング: 986

バレットジャーナルとは、ライダー・キャロルさんという方が開発した「ノートによるスケジュール・タスク管理システム」です。

大事なことを即座にとらえ、ひと目ですぐ理解できる記録の仕方を試行錯誤し続けた結果、できあがったのがこのバレットジャーナルというシンプルなシステムなのです。

バレットジャーナルの原点はタスク管理なのですが、この本に書いてある幾多のバリエーションを読んで、わたしは、日記のつけかたを変えようと思いました。ある特定のマークをつけた箇条書きのようなやり方が、手軽で飽きがこないのではないか、と考えたのです。

手書きでいくつものフォーマットを考え、それらを組み合わせて凝った手帳を作るのには憧れるのですが、残念ながらそんな時間がない。そこで、箇条書きが手軽にできるウェブサービスを探して、たどり着いたのが、workflowyでした。workflowyはハッシュタグが使えるので、目印代わりに各項目の頭にタグをつけることにしました。といっても、単純に「いいこと」「イマイチなこと」「よくも悪くもないこと(コメント)」の3つだけ。

さらに、Firefoxの機能拡張”stylish”を使って見栄えを変えることができることがわかったので、ものは試しとやってみました。私が使ったのは「colored tags」。さきほどの3つのハッシュタグに「色」をつけてみたのです。これで特定の数文字を入力するだけで、自動的にカラーバッジがつくようになりました。

このようにして、日記が断片(scrap)に分割され、その断片に色がつきました。ところが、それだけなのに、日記に対するモチベーションが格段にアップしました。その日が、自分にとっていい日だったか、イマイチの日だったか、ひと目でわかるようになったからかもしれません。目印や絵文字でもわかるとは思うのですが、単なる3色のシンプルな表示の仕方が、私には合いました。

これは個人的印象で、誰にもお勧めというわけではありませんが、自分にとっては、小さな発見でした。何となくですが、無味乾燥っぽく見えた日々の生活にわずかながらの彩りがついたからかもしれません。そして、「ひと目ですぐ理解できる記録」のために「色」の果たす役割は、小さくないのかもしれません。それから、自分の「ログ」を記録する時に「色」を少しずつ意識するようになりました。

この項、続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です