うまくいかなくなる、その時に(1)

失敗する、つまり当初考えた通りに「うまくいかなくなる」のは、あたりまえのことなんです。

HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
日経BP社 (2015-04-17)
売り上げランキング: 198

これは「起業家向けの経営書」なのですが、子育て家族の運営とスタートアップの会社の運営ってどことなく似てるところがあるなぁ、と思いながら読みました。どちらも「無」から「有」を生み出す営みなのです。私自身はスタートアップの経験は全くありませんし(この本を読んでなおのこと)こんな経験をする起業家にはなりたくないと思ったものですが、それでもテクノロジーに多少なりとも興味のある子育てパパにはおすすめできる本だと思います。

この本の最大の特徴は、成功するために何をすべきか、を書いた本ではない、ということです。いかなる優秀な経営者であっても、必ず一度は失敗する、つまり当初考えた通りに「うまくいかなくなる」ことがある、ということを著者は繰り返し強調した上で、そうなったときにどうすべきか?を書いた本です。

ところで、冬から春先にかけては、私にとって毎年一番家族の運営が厳しい時期です。妻と上の子供の体調が悪化し、いろいろなことが思う通りに行きません。この「うまくいかなくなる」と思った時の対応がとても大切だと、毎年痛感しています。

そもそも春先に体調が悪化しないように、事前にいろいろと手を打つわけです。去年もそうなったから、今年こそは、と思います。ただ、これが違う結果(つまり去年と同じ結果)になった時、徒労感が来ます。もうこの徒労感だけで体調を悪化させるには十分で、先のことを考えられなくなる。でも、そうは言ってられません。

ひとりで背負い込んではいけない。
自分の困難は、仲間をもっと苦しめると思いがちだ。しかし、真実は逆だ。責任のもっともある人が、失うことをもっとも重く受け止めるものだ。重荷をすべて分かち合えないとしても、分けられる重荷はすべて分け合おう。

何かのリソースが決定的に足りないとき、それをうわべで取り繕うとすると、必ずムリが来て、余計に事態が悪化します。だから、特にこういう時期は、この状況が「持続可能か?」を常に問いかける必要があるのかもしれません。そして、事態がより悪化する前に持続不可能だと判断して、何らかの手を打つ必要があるのでしょう。

まずは、判断ミスを認めて、リソースがないことを率直に認めることが必要です。ここに一つの大きな山があります。(私を含めて)人は誰でもミスを認めたくないものです。そして「持続可能」ではない、と気づいたら、いち早く声を上げて、周囲に認識してもらうことが大切だと思います。

「周囲」というのは物理的なつながり(つまり近所)でもネット上のつながりでもいいのですが、とにかく声を上げる。そうすると、なにかのレスポンスがある。思わぬところから強力な援助が得られるかもしれません。この春の我が家でも、実際にピンチになり、今までほとんど期待していなかったところからサポートを得ることができました。もちろん「逆効果」も有り得るのですが、それでも、まずは声を上げなければ始まらない。だから、ガマンして動かないのが最大のリスクであるような気がします。

この項続きます

Leave a Comment