自分が自分に帰るとき

先日、このブログを読んで、ふと考えてしまいました。

お母さん、母親、保護者、私。 – スズコ、考える。

当たり前の毎日を家族が過ごすために、当たり前の学校生活を子どもたちが送れるように、何者かわからない私が今日もあたふたと何かをしようとしてる。明日もたぶん、同じように過ごすんだろうと思う。どこかで終わりがくるのかはわからない、想像もつかない。でも終わりの日がくるまで、私は私なりにあたふたしながら生きていくんだろうと思う。

子育てにかかわるお母さん、お父さんはみんなこういう感覚を持っているのではないかと思います。何者かわからない私。これでいいのか?と思いながら、幾多のタスクに流されて、自分が自分であることを意識することさえできない。なんとかならないのか?

自分が自分であることを意識する場面として、2つのパターンがあるのでは、と最近感じています。一つは、コントロール感を持っている時。

ひとつひとつのタスクを、私は親の責任だから親だから親だからと自分に課していたような気がする。でもその一つ一つは、1人の人間としての私が引き受けたり、やりたいと思っていたことなのかもしれない。

そりゃそうなんだろうけど、自発的にそう思える時と、思えない時がある。思える時は、きっと自分で事態を把握している、コントロール感があるような気がします。

では、どうすればコントロール感が持てるか、は正直よくわかりません。単なる気の持ちようだけかもしれない。ただ、ひとつだけ言えるのは、前向きな気持ちでいるときにはコントロール感が持てることが多そうです。

さて、もう一つは、家族や仕事と全く関係のないことをやっているとき。あるいは感じているとき。

少し寒い室内から気温の高い屋外に出たときの、ふわっと熱気を感じるあの瞬間が好きだ。冷えた身体の末端まで一気に血が通うような、自分の身体中の血管がそこにあることを主張しているような、私の輪郭がはっきりするような感じ。私がそこにいることを、私の身体が生を持続させているというのを感じる瞬間。

こういうときですね。ひとりでゲームをやっているときとか。ある意味「現実逃避」。やり過ぎはよくないかもしれませんが、リフレッシュするひとときは絶対に必要です。

そこで、この春から、私はひとつ新しいことを始めました。家でも会社でもない場所で、月1回程度、最低連続3時間、ひとりでのんびりすることにしたのです。私の場合、土日や夜に実行するのが不可能なので、必ず半日年休が必要になるのですが、それだけの価値がある、と思っています。

家でも会社でもない場所、という点が重要です。早朝の自宅でも、通勤中の車内でも、出張中でも代わりにはなりません。先日は自宅近くのスーパー銭湯を使いました。上記画像のような、広い公園とかもありかも。

まず、こういう日ある、と意識するだけで前向きな気分になれる。そして、もしその時間でこれからの計画や、やりたいことを考えることができれば、前向き感がもっと増す。それが、もしかしたら日頃のコントロール感にもつながるかもしれません。

明日、このブログは開設一周年を迎えます。
ここを訪ねて下さった全ての方々に御礼申し上げます。これからも、末永く、よろしく。

仕事のプログラミング、暮らしのプログラミング

先日から仕事の関係で、初めてexcel VBAに取り組んでいます。会社のお金でこの本を買って。

EXCEL VBA 業務自動化 [ビジテク] 仕事の効率を劇的に上げるノウハウ 2013/2010/2007対応
近田 伸矢 武藤 玄 早坂 清志
翔泳社
売り上げランキング: 136,835

定期的に、多数のexcelによるデータ入力フォームを作成し、他部署で入力されたデータを後日集計する、という作業があります。今まではこれを手作業でやっていました。これをなんとかしてサボりたい、いや、効率化したい、というのがきっかけでした。

VBAに限らず、プログラムを自分で1本作る時、まずその目的をはっきりさせる必要があります。そしてその目的を細分化して一つ一つのアクションに落とし込んでいく。まず、無条件に作業Aを実行。次に、条件Bに当てはまれば作業Bを実行、その次は作業Cを、特定の条件が満たされるまで繰り返す..といったふうに、明確に定義する。主語と述語が明確でない定義、条件なしで「何回か」繰り返すといった適当な定義は通用しません。たちまちプログラムが止まってしまいます。

いにしえの超有名ブログより、拝借。
プログラミングいつまでに学ぶ?なぜ学ぶ? : 404 Blog Not Found

20代でプロプログラマーになれるかどうかが9割決まるのは確かだと思う。
しかしそれはあくまでも「プログラムそのものを仕事にする場合」であって、「仕事をコンピューターにやらせる」のはプロプログラマーの専売特許ではない。

VBAをやってみてわかったのは、これは単純にすごい頭の体操になる、ということ。大げさに言えば、自分の仕事の再定義。いかに自分がよく言えば臨機応変に、悪く言えば乱雑に、やってきたががわかる。実際、集計のためのVBAを作る過程で元々のデータ入力フォームがかなりいい加減であったことが判明し、今回フォームを再設計しました。

もう一つ気付いたのは、これは暮らしにも役立つのではないか?ということ。例えば、毎日我が家で多種多様の書類が発生します。これらを処理する時に最も最初にすべきことは何か?と改めて考えてみました。

書類はどのようなプロセスを経るにせよ、最終形としては「残す」と「捨てる」の二つしかない。そこで、絶対にいきなり捨ててはいけない条件は何か?と考えた時、最初に思いついたのは、意外にも「税金が関係するか?」という条件でした。この条件が「正」であれば、しかるべき場所に残す。次は「子供の学校に関係するか?」でした。これまた「正」であれば、しかるべき場所に残す・・とやって考えていくと、自分がこれまでなんとなく処理していた内容が明確化されていくような気がします。まだ完全に「プログラム」が完成したわけではありませんが。

もちろん、すべての人間の行動を「プログラム」せよ、と言いたいわけではありません。ただ、たまには「プログラム」的な見方で自分の行動を考えた時、今までになかった気づきを得られるかもしれません。

巡らせる自分、巡りの中の自分

先日、この本を読みました。
サイトの名前のとおりシンプルを志向する私としても参考にできることが多かったです。

例えば、「養生生活」の送るための3つのルールが提示されています。

1、温める
2、スッキリ出す
3、巡らせる

私の中で印象に残ったのは、この「巡らせる」でした。

巡らせる
「血行がいい」という言葉に近い考え方をします。
心と身体の両方に隅々まで「気」を行き渡らせることが養生での「巡らせる」という意味になります。
血行を良くすることそのものも「巡らせる」ということに含みますがこの「血を行き渡らせるためのエネルギー」のようなものを「気」と呼びます。

これは大切です。しかるべき気力と体力があって、血を巡らせて無理なく新陳代謝をするのは健康の基本かもしれません。この流れのどこかがおかしくなると、途端に病気になります。

ところで、巡らせる、と聞いて私がとっさに連想した言葉は「カネは天下の回りもの」でした。これは自分の中でいろんなものがめぐるのではなく、世界全体のめぐりの中に自分がいる、というイメージです。

血の流れがどこかで止まれば病気になるように、お金の流れがどこかで詰まると不況になるのは、みなさんご存じの通り。お金に限らず、いろんなものが無理なく流れれば、世の中がうまくいくような気がします。多ければ多いほどいい、というのものではない。このあたりが難しいですが。

もちろん、貯金をするな、と言いたいわけではありません。ある程度の蓄えは安心の基にもなるでしょう。でも、お金に限らず、あらゆるものは、自分が消化しきれないほど貯め込んでも、あんまり意味がない。それよりは、捨てるなり、世間に還元するなりしたほうが自分の精神にとっても良さそうです。

私はお金はもちろんですが、それと同じぐらい「情報の巡り」に興味があります。本を読んだり、ネットを見たりすると、たちまち情報の洪水が襲ってきます。その中で、何を、どれだけ取って、どれだけ自分に取り込んで、どれだけ捨てるか。これが人生の質に直結する。自分のこれからの行動に直結する。可能ならば、余裕があれば、世間様にも還元したい。そのためにも、自分自身の感度とそれを支える体力と気力が大切だと思います。

よいゴールデンウイークを。