家がまわる3つの前提

 新年度が始まって、子供や家のことでバタバタしている間に、前回のポストが記事になっていました。ありがとうございます。
R-style » ちょうど良い断片のサイズ

今回の話は、情報処理がらみ?で前回とちょっとつながる話ではあるのですが、先日、このブログを読みました。

ビジネス本と育児家事 |site-kawahara.com(イラストレーター・カワハラユキコ公式ブログ)

たしかにビジネス本で書いてあることは、家族経営にも参考になることが多いです。例えば、

『社長(上司)がいなくても、会社がまわるようにすることが大事』
みたいなことがよく書いてあるけど、これって会社を家庭に置きかえて考えると
『母がいなくても、子どもがちゃんと生きていけるようにすることが大事』
ってことじゃね?

まさに、その通り。部下なりお父さんなりに任せても家事育児が回ることが大事。私も会社での自分の仕事のやり方を考えて、家事育児が回るには、3つの前提が必要なのではないか?と最近考えるようになりました。

ひとつには信頼関係、
ひとつには仕組みづくり、
そして最後に情報共有。

以前何かのテレビの番組でお父さんが料理を作っている最中に奥さんからバシバシ突っ込みが入って「モチベーションが下がる‥」とごぼしているシーンを見かけました。
我が家でも全く同じシーンが時々展開するので、これはよくわかります。以前妻に言ったことがあります。ごはん作ってくれてありがとうとは言ってくれるけど「任せて」ないだろう?、と。

もちろん妻の言い分もあります。どのように掃除をやっても何も言うことはないけど、台所回りのことは言わずにいられなくなる。つまり、妻の望むような仕組みができていないことが原因であり、これは夫婦の共同責任です。
妻の言うことを100%聞け、という話ではない。お互いが納得できる仕組みがないがゆえに、自分自身の価値判断を出さざるをえない。こうなったら大変です。ただ、よくある話でもあります。

いちいち全ての仕組みを文書化する必要もないし(そもそもできないと思いますが)、ある程度は信頼関係でカバーできる。それでも、他人です。当然考え方は違う。隙間が避けがたく発生してしまう。なんとかならないのか?

その隙間を埋めるのが「情報共有」ではないか、と思います。ただ、情報共有だけでは何も起こらない。ある情報に接した時、感想なりアクションなりが発生する。そういった事実の積み重ねが、仕組みづくりに発展する。逆に言えば、感想なりアクションなりが発生しない情報共有は、意味がない。それこそ情報共有の仕組み作りが大事なのでしょう。

いろいろ経験を積んで、経験を共有して、家庭を作っていく。当たり前のことかもしれません。

こちらもご参考までに。妻がファンなので、応援がてら。

王子と赤ちゃん
王子と赤ちゃん

posted with amazlet at 16.04.15
カワハラ ユキコ
講談社
売り上げランキング: 53,541

Leave a Comment