子育ての人のMP戦略?(1)

最近、この連載を楽しみに読んでいます。

「働く人のMP戦略」
https://note.mu/nokiba/m/m3221b02820a1
連載の最初に、このような問題提起がなされています。

そもそも時間がたくさんあれば、やりたいことが思うようにやれるというのは本当なのでしょうか?
時間があってもやれないのは、意志力が弱いせいなのでしょうか?
そうではないのではないか。

私も妻も別の意味で「やりたいことができない」という感覚があります。子育てをしていると「時間がある」という感覚自体を持つことができません。たとえば、GWのように多くの時間が与えられたとき「自分がなにをやるか?」の前に「子供たちになにをやらせるべきか?」という問題が立ちはだかります。これを考えているうちにGWそのものが到来してしまい、実際GW中に自分自身にフッと自由時間ができたとしても、どう使うかまで頭が回らなくなって、やりたいことが思うようにやれない。

これは、意志力の問題ではないような気がするのです。以前申し上げたように、今や「核家族」という形態そのものが無理ゲーとも思われる状況下で、そこを突破する何らかの戦略が必要な気がします。

そこで、実際的な解決策の一つとして、そもそもやりたいことを絞る、ということを考えました。つまり「今日は○○をやる。時間が余ったらダラダラしてオッケー。以上!」と考えるわけです。

今の時期は、我が家にとっては「模様替え」の季節です。学校や習い事の変化に伴って子供たちの家内動線が微妙に変化し、それに従って家具の増減、配置換えを行います。しかし、模様替えは、重労働です。事前に作業手順や時間配分を考えていないと、大変なことになります。最悪、仕掛かり中の不安定なダイニングテーブルで夕食をかき込むことになりかねない。これは避けなければなりません。

そこで、二つの対応策を考えました。まず、模様替え作業の分割です。どう考えても1日でできないので、3〜4回ぐらいに分けることにしました。もう一つは、模様替え作業は日曜日に実施し、前日の土曜日は徹底して休む、ということです。そもそも新学期がスタートしたばかりで、家族全員ウィークデーの対応だけで気力を使い果たしてしまっているわけです。特に妻はこの傾向が顕著です。なので、まずは気力の回復を図らないと、作業もなにもない。

そしてもう一つは、決して無理をしないこと。つまり「時間が余ったらダラダラしてオッケー」という感覚を持つことが大切なような気がします。つい時間が余った時点で「なにをしようか?」とあれこれ考えがちです。なにかしないともったいないと思ってしまう。特に気が散りやすいADHD傾向の方は、これが出やすい。そこで「はい、今日はおしまーい!まずは休憩!後のミッションは早めに食べて早めに寝ること、以上!」と言い切ることが大事なような気がします。

この項、続きます。

うまくいかなくなる、その時に(2)

前回の続きです

HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
日経BP社 (2015-04-17)
売り上げランキング: 198

前回子育て家族の運営とスタートアップの会社の運営は似ている、ということを書きました。違うところもあるように思います。一つは「なにがなんでもライバルに打ち勝たなければならない」というプレッシャーを負う必要がないこと、もうひとつは、そう簡単に「清算」はできないことです。

実際には逆のことがよく起こります。すでに自分の子供のクラスメートは塾に通い始め、そこでは毎週のテストの成績が張り出され、それによってクラス替えや席替えが頻繁に行われる、と聞きます。まさに競争社会です。離婚も以前に比べて増えています。離婚する当人たちはもちろんのこと、子供たちの精神的負担もかなりのものでしょう。

離婚をしてはダメだ、と申し上げているわけではありません。また、競争社会が離婚を増やしているという単純な問題でもないとは思いますが、一方で「今、なにをやるべきか?」という根源的な問いをすっ飛ばして、ある意味安易な解決策に飛びついているような気もします。もちろん会社でも家庭でも「今、なにをやるべきか?」という問いに対する答えは結構頻繁に変わります。

私が起業家として学んだもっとも重要なことは、何を正しくやるべきかに全力を集中し、これまで何を間違えたか、今後何がうまくいかないかもしれないかについて無駄な心配をすることをやめるという点だろう。

うまくいかないときに、原因追及をやりすぎたり、ありもしない先々の心配をしてしまう、ということが私にもよくあります。今、この状況に集中する。これまでのルールやタスクセットに縛られずに、将来のやるべき事ばかりを考えずに、今どう変えるかを考える、ということは、かなりの難題です。

オーバルコースで時速360キロでレーシングカーを走らせるとき、もっとも重要なのは側壁ではなくコースそのものに意識を集中することだと教えられる。もしも側壁に意識を向けると、車は必ずそれに吸い寄せられ、衝突してしまう。

このたとえは、私にとってはわかりやすかったです。どうしても過去の経緯(速度やら向きやら)を意識してしまう。そこであきらめずに、どうにかして首をまわして別の方向に目を向ける。最も大変だけど最も大切なことかもしれません。

なにがなんでもライバルに打ち勝つ必要はない、と書きましたが、そうあくせくしなくてもいいのでは?という視点を忘れないことと同時に、打ち勝つべきはライバルではなく過去の自分であること、を忘れないようにしたいです。自戒をこめて。

うまくいかなくなる、その時に(1)

失敗する、つまり当初考えた通りに「うまくいかなくなる」のは、あたりまえのことなんです。

HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
日経BP社 (2015-04-17)
売り上げランキング: 198

これは「起業家向けの経営書」なのですが、子育て家族の運営とスタートアップの会社の運営ってどことなく似てるところがあるなぁ、と思いながら読みました。どちらも「無」から「有」を生み出す営みなのです。私自身はスタートアップの経験は全くありませんし(この本を読んでなおのこと)こんな経験をする起業家にはなりたくないと思ったものですが、それでもテクノロジーに多少なりとも興味のある子育てパパにはおすすめできる本だと思います。

この本の最大の特徴は、成功するために何をすべきか、を書いた本ではない、ということです。いかなる優秀な経営者であっても、必ず一度は失敗する、つまり当初考えた通りに「うまくいかなくなる」ことがある、ということを著者は繰り返し強調した上で、そうなったときにどうすべきか?を書いた本です。

ところで、冬から春先にかけては、私にとって毎年一番家族の運営が厳しい時期です。妻と上の子供の体調が悪化し、いろいろなことが思う通りに行きません。この「うまくいかなくなる」と思った時の対応がとても大切だと、毎年痛感しています。

そもそも春先に体調が悪化しないように、事前にいろいろと手を打つわけです。去年もそうなったから、今年こそは、と思います。ただ、これが違う結果(つまり去年と同じ結果)になった時、徒労感が来ます。もうこの徒労感だけで体調を悪化させるには十分で、先のことを考えられなくなる。でも、そうは言ってられません。

ひとりで背負い込んではいけない。
自分の困難は、仲間をもっと苦しめると思いがちだ。しかし、真実は逆だ。責任のもっともある人が、失うことをもっとも重く受け止めるものだ。重荷をすべて分かち合えないとしても、分けられる重荷はすべて分け合おう。

何かのリソースが決定的に足りないとき、それをうわべで取り繕うとすると、必ずムリが来て、余計に事態が悪化します。だから、特にこういう時期は、この状況が「持続可能か?」を常に問いかける必要があるのかもしれません。そして、事態がより悪化する前に持続不可能だと判断して、何らかの手を打つ必要があるのでしょう。

まずは、判断ミスを認めて、リソースがないことを率直に認めることが必要です。ここに一つの大きな山があります。(私を含めて)人は誰でもミスを認めたくないものです。そして「持続可能」ではない、と気づいたら、いち早く声を上げて、周囲に認識してもらうことが大切だと思います。

「周囲」というのは物理的なつながり(つまり近所)でもネット上のつながりでもいいのですが、とにかく声を上げる。そうすると、なにかのレスポンスがある。思わぬところから強力な援助が得られるかもしれません。この春の我が家でも、実際にピンチになり、今までほとんど期待していなかったところからサポートを得ることができました。もちろん「逆効果」も有り得るのですが、それでも、まずは声を上げなければ始まらない。だから、ガマンして動かないのが最大のリスクであるような気がします。

この項続きます

ダンボール10箱の生活

このブログのタイトルの通り、私はシンプルな考え方や生活を目指そうとしていますが、その最終形がどこにあるのか、明確にはできていません。ただ、ある日この本を読んでいて、少なくとも途中経過としての具体的な考えが頭に浮かびました。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
かんき出版 (2014-12-12)
売り上げランキング: 2,209

筆者が学生だったころ、非営利組織のビジョンおよびミッションステートメントを評価する作業のなかで、この一節が異彩を放っていたそうです。

彼(注:ブラット・ピット)はハリケーン・カトリーナに襲われたニューオリンズの復興の遅さに苛立ち、自らメイク・イット・ライト財団を設立した。その目標はこうだ。 
「ニューオリンズの下9地区に住む世帯のために、低価格で環境にやさしく、災害に強い家を150戸建設する」
このステートメントは、教室の空気を一変させた。

やはり具体的でリアルな数字があると、切迫感が格段に違います。これを読んで、ふとした考えが浮かびました。

自分に関するモノを「ダンボール10箱」におさめられないだろうか?

私はこれまで10回ぐらい引っ越しを重ねてきましたが、そのたびに運送屋さんから「荷物が多いですね」と言われてきました。これは結婚する前からそうでしたので、家族の問題ではなく、私自身がモノを持ちすぎる傾向があるようです。

例えばモノを300個に制限する、という考えもあるでしょうが、数えるのが大変なので、もう少しイメージしやすい考えとして浮かんだのが「ダンボール10箱」でした。ダンボールの箱に統一規格があるのかどうかわかりませんが、一人で持てるだけの大きさと重さを想定してみれば、この棚のこの部分で1箱、ぐらいのカウントはできそうです。

自分に関するモノ、というのは、衣類、書籍、音楽CD、書類、電子機器、鞄類、小物類、すべてを含みます。ざっと見て、現状は少なくとも20箱は超えそうです。ということは、半分は捨てる必要がある、ということになります。

一方で目標としての10箱のうち、先述の要素にそれぞれ何箱分をあてるか?と考える必要が出てきます。大きさだけで決まるものではありませんが、この区分けは自分の生活の指向を大きく反映しそうです。そして、その基準となりそうなのは

自分の生活を管理するにあたって必要なモノは何か?
自分に快適さを与えてくれるモノは何か?

この二つのような気がします。前者は税金を含めた広い意味での財産管理がまず浮かびます。紙で持っておく必要があるモノが少なくありません。後者はかなり電子化されたとはいえ、手元に持っておきたい本やCDがあります。ただ、今あるモノが全部必要か?といえば、そうでもないかもしれません。無人島にダンボール1箱分だけ本を持って行ける、kindleはダメだよ、と言われたら何を持って行くか、と考えるといろいろな想いが浮かびそうです。

以上はすべて、ある意味思考実験です。ただ、仮に私が急にこの世を去ったとき、残されたモノを見て私がどういう人だったかを連想することになるでしょう。その意味でも、あまりおろそかにはできない気もしています。

color your scrap, color your life(3)

もう一つのきっかけは、EVERNOTEでした。

毎日書く日記とは別に、時々スマホで撮った画像をEVERNOTEにアップして、一言添えるという「日記のようなもの」を書いています。今日1日いろいろあって、夕方近くのスーパーに食材調達に出かけてホッと一息ついた時、なんということのないスーパーの風景を撮ってアップして「あー、疲れた」と一言書くだけ。もう疲れてそれ以上書く気力が残ってないのです。

で、後日そのスーパーの写真を見て、その日のことを思い出せる。詳細はともかく、あの日は大変だったな。と容易に思い出せるのです。あれはなんなんだろうと思っていました。あ、そういうことだったのか。

カードは見た目が100パーセント R-style

「読む」という行為が一定の認知的負荷を生じさせることと関係しています。逆に言えば、「見る」は「読む」に比べるとダイレクトであり、意味解釈という作業をすっ飛ばせるのでクイックリーです。

先述の気まぐれ写真日記も、一種の「日々の生活の断片に彩りを添える」行為でした。これは単純に見た目がのっぺりしない、というだけではない。ある意味1000文字書くのと同じだけの効果がある。認知的負荷というある種のストレスなしに再確認ができる。アウトプットとインプット双方に効果があったのです。

ところで、このブログも、毎回画像を出しています。もともとは、初心者向けのマニュアル本に習ってやってみただけなのですが、なんとなく文面に関係しそうなキーワードを思い浮かべて、フリー写真素材サイトMorguefile.comを検索して、ありがたく使わせてもらっています。

で、たまに過去の内容を見返すとき、書いたことそのものを思い出すのはもちろんの事、その書いたときの気持ちをも思い出すことがあります。これはこのブログを見にきて下さる方にはわからないと思いますが(その気持ちとエントリの内容は関係がないので)、自分にとっては密かな楽しみでもあります。

ただ、先ほどのR-styleをエントリを見るまで気付かなかったのですが、これらをカードのように並べて一覧すると、また違った情景が浮かび上がるのかもしれません。個々の画像だけを見ただけではわからない印象が。例えば青っぽいのが多いという単純な話から、選んだ画像の静物、建物、風景のいろんな傾向が見えてきて、それが一種のモザイクのように浮かび上がってきそうです。

というわけで、今回の画像は「mozaic」をキーワードにしました。一度このブログをscrapboxのようにカード形式に並べてみると、別の情景が浮かぶかもしれません。

color your scrap, color your life(2)

もうひとつのきっかけは「タスクダイアリー」でした。

仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2016-10-22)
売り上げランキング: 7,577

これまでいくつかタスク管理のやりかたを試したものの、うまく行きませんでした。どうしようか、と困ってきたところで、この本を再読してタスクダイアリーというやり方を始めることにしました。

とにかく1日1枚、タスクダイアリーを作り、今日はこれだけやる、というタスクを書く。もし別のタスクを思いついたとしても、よほどの理由がない限りすぐはやらず、メモしておいて明日以降にやる、という考え方です。さらに、毎朝必ずやるルーチンタスクをまとめた「デイリータスクリスト」と、週末に必ずやるルーチンタスクをまとめて「週末タスクリスト」を作りました。これらは純然たるチェックリストで、追加訂正することはありません。都合3つのリストでタスクを運用してみました。

で、これまた紙でやってもいいのですが、スマホさえあればすぐ見られるウェブサービスでやりたい。その方が私には合っていると思ったからです。ところが、今まで使ったタスク管理のウェブサービスには「1日1枚」という概念がありませんでした。

もちろん「今日中にやるべきタスク」を検索し、表示することはできます。しかし、文字通りシートの形で見せてくれるものではありませんでした。「1日1画面」と「1日1枚」では、なんとなく感覚が違うような気がしました。そこで仕方なくGoogle Keepに手入力することにしたのです(実際にはひな形を作ってコピーしています)。

このGoogle keepによるタスク管理は、今のところ案外うまく行っているのですが、私が思うに、その理由が3つあります。チェックボックスがあること(どこまでやったかがすぐわかる)、見た目がカード形式であること、最後に、そのカード毎に個別に色がつけられることです。

私の場合、当日のタスクダイアリーは青、当日のデイリータスクリストは赤、当該週末の週末タスクリストは黄色。昨日以前のリストは色を変えています(その後別のところに履歴を残して削除)。これにより、今日のタスクはどのシートかが、すぐにわかります。ピン留めして最初の項目にするという手もあります。でも、色の方が一目で見分けがつきやすいのです。

こうして、タスクが断片化(というよりはグループ化)され、その断片に色がつきました。この彩りは、私のプライベートの生活をしっかりと管理してくれています。すべてのシートの色が白のままだったら、ここまでうまくいかなかったかもしれません。もしかしたら「色」には、この本の最初に触れられている「衝動の脳」をうまくごまかして、タスクに集中させる働きがあるのかもしれません。これは個人の感覚だけかもしれませんが。

この項、続きます(次で最後です)。

color your scrap, color your life(1)

きっかけのひとつは、バレットジャーナルでした。

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017-10-13)
売り上げランキング: 986

バレットジャーナルとは、ライダー・キャロルさんという方が開発した「ノートによるスケジュール・タスク管理システム」です。

大事なことを即座にとらえ、ひと目ですぐ理解できる記録の仕方を試行錯誤し続けた結果、できあがったのがこのバレットジャーナルというシンプルなシステムなのです。

バレットジャーナルの原点はタスク管理なのですが、この本に書いてある幾多のバリエーションを読んで、わたしは、日記のつけかたを変えようと思いました。ある特定のマークをつけた箇条書きのようなやり方が、手軽で飽きがこないのではないか、と考えたのです。

手書きでいくつものフォーマットを考え、それらを組み合わせて凝った手帳を作るのには憧れるのですが、残念ながらそんな時間がない。そこで、箇条書きが手軽にできるウェブサービスを探して、たどり着いたのが、workflowyでした。workflowyはハッシュタグが使えるので、目印代わりに各項目の頭にタグをつけることにしました。といっても、単純に「いいこと」「イマイチなこと」「よくも悪くもないこと(コメント)」の3つだけ。

さらに、Firefoxの機能拡張”stylish”を使って見栄えを変えることができることがわかったので、ものは試しとやってみました。私が使ったのは「colored tags」。さきほどの3つのハッシュタグに「色」をつけてみたのです。これで特定の数文字を入力するだけで、自動的にカラーバッジがつくようになりました。

このようにして、日記が断片(scrap)に分割され、その断片に色がつきました。ところが、それだけなのに、日記に対するモチベーションが格段にアップしました。その日が、自分にとっていい日だったか、イマイチの日だったか、ひと目でわかるようになったからかもしれません。目印や絵文字でもわかるとは思うのですが、単なる3色のシンプルな表示の仕方が、私には合いました。

これは個人的印象で、誰にもお勧めというわけではありませんが、自分にとっては、小さな発見でした。何となくですが、無味乾燥っぽく見えた日々の生活にわずかながらの彩りがついたからかもしれません。そして、「ひと目ですぐ理解できる記録」のために「色」の果たす役割は、小さくないのかもしれません。それから、自分の「ログ」を記録する時に「色」を少しずつ意識するようになりました。

この項、続きます。

クエストを楽しむこと、ログを生かすこと

正月早々、楽しい偶然でした。ありがとうございます。

やる気クエスト(1) (純コミックス)
岡野純 (2015-12-12)
売り上げランキング: 514

元旦に発信された「のきばトーク」を1月2日の早朝に拝聴。たまたまその中でこの本の24時間限定0円セールをやっているのを知って即購入。kindleで漫画を読むのは、私にとってこれが初めてでした。普段文字だらけのノンフィクションを主に読む私にとって、ファンタジー仕立ての心理学/ライフハック系漫画というのは新鮮でした。

漫画と言っても、書いてあることは極めて真剣。例えば、ある登場人物が語るこの一節

ジュン、お前も気づいたとおり「緊急事態」になればやる気は与えられる
しかしデシのようにいつも自信がなく不安を抱え込みがちな人間は、いわば「常に緊急事態」なんだ
つまりデシの中には常時やる気が放出され続けている
だがその多すぎるやる気をどう使えばいいかわからない…

この「デシ」は、私の妻そのままです。ADHD気味だと自身で語る、私の妻に。そのデシがどう危機を乗り越えたのかは、もちろん本文に書いてあるのですが、ここでは私の妻の話を。

妻は最近カレンダーを持ち歩いています。そのカレンダーにはいくつかの工夫が施されています。A4の紙1枚に向こう4か月分のカレンダーを印刷し(元ネタはこれ)今後の予定を手で書き込んで携帯性と一覧性を重視。さらに感心したのは、前年の同時期に何が起こったかが書いてある、ということです。特に体調の変化について。

昨年のこの時期に、これこれが悪化した。私も気をつけるから、あなたも協力してこれこれを手伝って、と事前に警告を発し、文字通りの緊急事態を回避することが可能になるわけです。そして、実際この冬の妻の平均的な体調は、(今のところ)前年比で間違いなく良くなっています。過去の記録(ログ)をつけるだけでなく、それを生かすことの大切さを感じました。

あと、このシリーズの最後に「笑う」というキーワードが出てきます。私が前回のエントリーの最後に書いた一文が、まさか「やる気」つながるとは思いもしませんでした。正直あまり深く考えずに書いたのですが、改めて考えてみれば大切なことかもしれません。今の状況で笑えるということが。そして「クエスト」仕立てにして楽しむということが。

この本で紹介されるタスクシュートを使うかどうかはわかりませんが(すみません)、今年は「クエスト」を楽しむと同時に、「記録(ログ)」をつけること、それを生かすことの大切さを考えながら過ごしてみたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

「デスマーチ」を生き残るために(2)

前回の続きです。

ソフトウェア開発とはほぼ無縁の私がこの本を通読することができたのは、個人的に興味のあるテーマだったことのほかに、

「このスーパー・ウィジェット・システムは、何が何でも、絶対、必ず、1月1日までに完成させねばならない。でないと、世界が破滅する」。この指令が何段もの社内官僚の層を通過すると、どんどん尾ヒレが付いて、次のようになる…

こんな感じのちょっと皮肉めいたユーモアが、ほぼ全編にわたってまぶされていたからかもしれません。

さて、筆者がデスマーチを生き残るために最初に注意すべき点は「政治」である、と指摘します。プロジェクトの中身ではありません。上記の引用も、この「政治」について書かれた一節です。

ソフトウェア開発でも多種多様の関係者がいるのでしょうけど、子育ても同様です。実家、親類、先生、ママ友。自らの「プロジェクト」の方針に対し「味方」となってくれる人は誰か?常に気を配らなければなりません。同じ人が(本人の意思とは関係なく)いつの間にか味方から敵に変わってしまうことも、残念ながらありえます。

さらには、SNSを含むネットに流れる有象無象の意見も、その影響力はバカになりません。子育ては、ソフトウェア開発よりも変動要素が大きい(文字通り24時間何が起こるかわからんのです)ゆえに、「政治」は大きな問題点かもしれません。

もちろん影響力を最小限にする、つまり人付き合いやネットとの接触を減らす、という選択肢もありえますが、昨今の子育てではあまりお勧めはできません。親だけで全てのミッションをこなすのは物理的に不可能と言っていい。ただ、子供の成長に合わせて、近しい「関係者」をこちらから意図的にシャッフルすることは、考慮すべきでしょう。

本書の後半では「時間の管理」についても一章をさいて述べられています。ただ、ここでは管理ツールの名前が出てくるわけではなく、なぜ無駄に時間を使ってしまうのか?とついて触れ、あの『7つの習慣』にも登場する「重要性/緊急性」の4象限も登場します。

また、物事の重要性/緊急性を決定するのは、プロジェクトの中身もさることながら、関係者との「政治」も深く関わる、と筆者は指摘します。関係者がどーでもいいことで緊急性をがなりたてるとプロジェクトに余計な停滞が発生する。残念ながらよくある話ですが、その面でも「政治」に気を使うことは、時間の有効な使い方に影響することがわかります。

そして、筆者が最後に強調した一節

それよりずっと重要なのは、生き残ることだ。我々が目指すデスマーチ・プロジェクトは、上層部を驚嘆させる日程と予算で進捗し、エンドユーザーに輝かしい結果を提供するものだが、我々は、これらすべてを健康、才覚、家族、ユーモアのセンスのどれも損なわないで行うべきなのだ。それができてこそ最高だ。

なによりも、生き残ること、できればユーモアのセンスを忘れずに生き残ること、これが大事なのだと思います。

全ての「プロジェクト・マネージャー」のみなさま、笑って、良いお年を。

「デスマーチ」を生き残るために(1)

生き残れば十分なんです。少なくとも、最低条件ではないんです。

私はIT業界に勤めているわけではありません。ただ、ソフトウェア開発のプロジェクト・マネジメントには若干の興味がありました。子育てや自分の人生構築に何らかの参考になるかもしれない、と思ったからです。

この本は全ての子育てパパにオススメできる、というわけではありません。ソフトウェア開発の専門用語が頻発し、私も専門用語はあまり理解できていないと思います。ただ、1944年生まれの著者が、巻頭に

4世代にわたり家族が増えたことは、
デスマーチ・プロジェクトで、
何が重要で、
何が最優先すべきかを
適切に決める上で、
最大のヒントになった

と書いたのを見て、あ、これは期待出来る、と思いました。

まず著者は「デスマーチ」の定義から書き起こします。幾つかの定義の中で、こういう項目があります

通常必要な人数の半分以下しかエンジニアを割り当てないプロジェクト

二人の子供を持つ父親として言わせていただければ、両親の片一方が不在がち、あるいは病気がちで、子供が二人以上いて、かつ「実家」の定常的支援が得られない子育ては、ほとんどこれに該当する、つまり「デスマーチ」である、と言っていいと思います。現代の子育てにおいて、かなりの核家族は「デスマーチ」にならざるをえないのです。

その一方で、著者はこうも書いています

私の結論は、デスマーチ・プロジェクトは、常態であって、例外ではないというものだ。

異論がある方も多々あるかと思います。ソフトウェア開発と子育てを一緒にするとは何事か?と思う方もおられるかと思います。ただ、著者はデスマーチ・プロジェクトに反対しているわけではないことを強調し、その上で、デスマーチ・プロジェクトを成功させ、生き残るために何をすればいいか、に焦点を絞ってこの本を書いています。

そのために、これだけは覚えておいてほしい言葉として「トリアージ」をあげています。医療におけるトリアージの概念を聞いたことがあるかもしれません。特に救急医療において、限られた医療資源をどの患者さんにどの程度つぎ込むか、という難しい判断です。これを、プロジェクト管理にも応用するのです。乏しい資源(人、時間、お金)を何につぎ込むのか?

私が関係したほとんどすべてのデスマーチ・プロジェクトでは、システムの要求項目を、トリアージスタイルで、
「やらねばならぬ(must-do)」
「やったほうがいい(should-do)」
「やれればできる(could-do)」
の三つに分けるのが常識となっていた。

この三つの分け方は、単純ではありますが、私にとっては新たな発見でした。重要度を10段階に分けるよりよっぽどわかりやすいです。そして、すべての要求項目が「やらねばならぬ(must-do)」に入っている時点で、すでにおかしい、と容易に気づくこともできます。

もちろん子供に対して出来る限りの事はしてあげたい、というのは自然な親心ですし、残念ながらそれを無理に押し付ける人も少なくありません。でも、トリアージスタイルで、できないことはできない、と判断することは、ソフトウェア開発よりはるかに複雑な子育てにおいて、とても大切なことだと思います。

この項、続きます。