「地雷」回避への努力1:ADHDが関係していたとは!

先日、妻が「簡単にテンパる」と申し上げました。言い方を変えると「簡単にパニクる」とも言えます。例えば、この辺りを見ていただくとわかりやすいか、と。

マンガで分かる心療内科・精神科in池袋「ADHD編」
第3回「ADHDは依存になりやすい!」
http://yuk2.net/man/220.html

いや、わかりにくいかも(笑)。それにしても、いきなり「パイ」はすごいなぁ‥
この「パイ」は「パニック」の「パ」なのですが、まさにわたしの妻はこれにあたります。

妻の場合は、私がなにか不用意な一言を言っただけで頭が痛くなり、行動が止まります。これは誇張でもなんでもなく、つい先週も起こったばかりです。これは、怖いです。すごく怖い。何回やられても怖い。怒られるのならまだしも、行動が止まるのです。周りに子供がいようが何をしようが関係なし。妻の行動が止まった瞬間に、全ての家事と育児の責任は私に移転します。文字通り動けないし考えられないんですから。この「地雷」の傾向らしきものは見えてはきたのですが、私の不注意もあり、まだ完全回避からは程遠い状況です。

実はこの傾向は結婚前、交際しているときからありました。この「地雷」は口で言うだけでなく、ネット上での発言でも同様であり、私は「地雷」を踏みたくないので、以前は活発にやっていたmixiをやめ、ブログをやめ、twitterアカウントを停止し、Facebookの発言を控えるようになりました。これは妻の精神力がないせいか、あるいは私になんらかの欠陥(空気を読めないとか)があるせいだ、と思っていました。

でも、これはなんかおかしい、とは思っていました。ただ、原因が分からない。

それが何年も続いて、つい最近になってやっとADHDに関係していることに気づいたのです。妻は、単に「片付けられない人」ではなかったのだ、と。わたしがあるときにそれを妻に(恐る恐る)指摘してみると、妻はあっさり認めました。最近自分もそうかもしれないと思い始めていた、と。そして、少しずつ対策を始めつつあります。

Leave a Comment