「地雷」回避への努力2:選別して、平準化する

妻が「よくテンパる」のは、当然テンパる要素があるからです。これは予定されているか、偶発的かどうかに関係ありません。

偶発的に起こる要素として、子供から発生するのは防ぎようがないとしても、私自身から発生するものはできるだけ減らさなければなりません。オンライン、オフライン含めて余計なことを言わない。場合によっては単純な好意で「○○をやっておいたよ」と言うだけでも彼女にとっては地雷となり得ます。なんでもかんでも報連相すればいいというものではありません。

そんなわけで、家に居るときは、私ひとりが起きている時間を除いて、結構緊張を強いられます。下手なことを言ったりやったりしたら、その瞬間に家事と育児が止まるからです。正直言って、これはきついです。家にいても、気を休めてはいけないのですから。これについては、まだ解決策を模索中です。

一方、偶発的でないものは、ある程度やりようがあります。

まず、行事を選別します。本当に重要な行事に絞り込み、それ以外には関わらない。ここは「シンプルな考え方」に通じる所がありそうです。頼まれたことをすべて受けるのは、論外。それは妻もわかっているので、自分である程度は選別しますし、私も相談に乗って明らかに余計と思われることは断るように言います。場合によっては断ること自体を私が代わりにやることもままあります。テンパっていると選別すること自体ができなくなるので、このサポートはとても重要です。

それでも行事は残ります。次にやるべきことは、分散化です。同じ日に重い行事が2つ入ったらADHDでなくても気が重くなります。なので、できるだけ分散化を図り、重い行事が2日続けて発生するとかもないようにします。妻は現在複数の病院にかかっています(だいたい月イチが多い)ので、そういったものも同じ週に重ならない方がいい。待たされるのは、誰にとっても苦痛ですから。

そして、その結果を共有します。実は、これができていないと全く意味がない、ということについ最近気づきましたが、それは項を改めて申し上げます。

Leave a Comment