今あるもの、未来に求めるもの

先週末、家族で海に行ってきました。海は、いいですね。

世界幸福度ランキング1位の国フィジーへの移住。「世界最幸」の4つの秘訣とは? | ライフハッカー[日本版]

というわけで、フィジー在住の日本人の方の投稿より、謹んで拝借。

フィジーの場合これらの「幸せの構成要素と信じられているもの」は、決して良い状態とは言えません。しかし、客観的に「幸せの構成要素と信じられているもの」は、主観的な「幸せの構成要素」とは限らないということです。

平均寿命とか、乳幼児死亡率とかの客観的幸福度にあげられる指数って、日本人は「高くて(低くて)あたりまえ」と思ってしまうんですね。「高くて(低くて)ありがたい」ではなく。
これは価値観の問題かもしれません。完璧主義というのもあるけど、今あるものに対する感謝というか、満足感というか、そういったものが足りないんじゃないかと。うまく表現できないけど。

一方で、今を捨てて、あるいは無視して求めるものは、未来。

日本でのサラリーマン時代と比較すると、主観的幸福度は圧倒的に上がったと思います。当時を振り返ると、納期に追われ、会社に泊まり込み、人間関係に神経をすり減らし、有給休暇を消化することにも罪悪感を覚えていた日々…。いつか報われる未来を信じて。

いつか、報われる未来。

日本人に限った話ではないとは思いますが、多くの人はなぜか「今、ここにある幸せ」を意図的に避けているような気がします。
たしかに、今我慢すれば将来よりいい結果が出るかもしれない。でも、なんか我慢しすぎてないか?、やりすぎてないか?って思うんです。本当にその我慢に見合った「報われる未来」が来るかどうかもわからんのに。

誰でもフィジーが合うとは思わないけど、今にフォーカスする。特に今持っている「いいこと」にフォーカスするって大事なことだと思います。

いつか、家族で、南太平洋に行ってみたいなぁ‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です