とにかく書こう、楽しく書こう

そろそろ動揺している場合ではなく、平常運転にもどさないと‥

さて、突然ですが、先日から「とにかく思いついたことをなんでも記録してみよう」ということを始めています。

そのきっかけは、私の妻がやっている「頭痛ダイアリー」です。偏頭痛に悩まされている妻が脳外科医の指示で始めました。日本頭痛学会公認のフォーマットはここからダウンロードできます。ひと月1枚になっていて、私が見たのは先月と今月分だけなのですが、それだけても結構バカにならない情報量です。
前々から「変わらなきゃ」と言っている私自身が足元の変化をちゃんと認識してないなぁ、と反省し、久しぶりにこの本を読み返しました。具体的なソフトの中身はすっ飛ばし、まずは「なんでも記録すること」の意義を再確認するために。

たった一度の人生を記録しなさい 自分を整理・再発見するライフログ入門

で、ごりゅうごさんがおっしゃっているのは、「とにかく書こう、楽しく書こう」

楽しいという感情は非常に重要です。何事も面倒だったら続きませんが、記録する行為自体を楽しめれば、きっと長続きできます。

そうだよなぁ、と思いました。まさにsimple and bright(ちょっとこじつけてます)。記録する行為自体を楽しめるような仕組みをつくることはとても重要なのかもしれません。その意味では手段の設定はとても大事だと思います。

当然人によって最適解は全く変わってくるのですが、私はEvernoteに(別アプリをかますことなく)直接書いてます。1回1ノート。一番シンプルなやり方で。
普段は家と会社の単純往復なので、位置情報はつけなくていいかと思ったのですが、つけてみると、意外に楽しい。foursquareなんて何が楽しいんだろう?と思ってた私が間違ってました。

実はこれとは別に以前から簡単な日記を(あえて)手書きでつけているのですが、下世話な話、○○のバカヤロー!なんて、私は日記やTwitterには怖くて書けない。でも、ここなら書ける。で、翌日見返すと「こんなこと書いてるわ。アハハ」と笑い飛ばしたりできる。

書き出すことに意味があるのです。
書き出すことで、なぜか「嫌なこと」は忘れられていきます。
嫌なことを忘れるというよりはイライラ、不安などの不快な感情が整理され、気持ちが落ち着く、と言った方がいいのかもしれません。

ということを実感しました。実は、このことは不安障害の治療法のひとつである「認知行動療法」にもつながるのでは?となんとなく思っているのですが、これから勉強します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です